ホームニュース・出版物ニュース2017> クウェートにおける死刑執行を受けたEU報道官の声明

クウェートにおける死刑執行を受けたEU報道官の声明

EU News 12/2017

2017/01/25
ブリュッセル

<日本語仮訳>

「クウェート国が、異なる犯罪で有罪判決を受けた男性4人と女性3人の合計7人に対し、死刑を執行したことが本日確認された。これらは、2013年以来同国が初めて行う死刑執行である。

犯された罪の重大性を認めつつ、欧州連合(EU)は、例外なく、いかなる状況下においても死刑に反対することを再度表明する。死刑は、人間の尊厳と人格の受け入れ難い否定である。これまでの経験で、死刑は犯罪抑止につながらないことが示されてきた。さらに、どのような法制度にも存在しうる誤審を不可逆的なものにしてしまう。

EUは、クウェートが以前の実質的なモラトリアム(執行停止)に戻ることを期待している」

『EU MAG』の関連記事
「死刑制度のない世界」を目指すEUの取り組み2014年9月号 特集

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
https://eeas.europa.eu/headquarters/headquarters-homepage/19250/statement-spokesperson-recent-executions-state-kuwait_en