ホームニュース・出版物ニュース2014> 米国人ジャーナリスト殺害に関するEU報道官の声明

米国人ジャーナリスト殺害に関するEU報道官の声明

EU News 354/2014

2014/08/21
ブリュッセル
140821/01

<日本語仮訳>

「欧州連合(EU)は、『イスラム国』による米国人ジャーナリスト、ジェームズ・フォーリー氏の非道な殺害を強く非難する。

この傑出したジャーナリストのご遺族、友人、同僚の皆様に心底より弔意を表する。

この残虐な行為は、『イスラム国』が犯した他の数多くの人権侵害と同様に、フォーリー氏の幾度もの命を賭した報道の自由を含め、普遍的に承認されている価値と権利を否定するものである。EUは、中東のみならず世界中でジャーナリストの安全を推進し続けていく。

このような形のテロ行為こそ、国際平和と安全にとって最も深刻な脅威の一つである。EUは、テロに対抗し、人権侵害への対策を進め、イラクとシリアに統一、主権、および領土保全を回復するための国際努力を支援すべく、これまで以上に取り組みを強化する所存である。

EUは、持てる手段の中で、この目的に資するものすべてを活用する意向である」

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://www.eeas.europa.eu/statements/docs/2014/140821_01_en.pdf