ホームニュース・出版物ニュース2014> EU、ルワンダ大虐殺開始20周年にあたり声明を発表

EU、ルワンダ大虐殺開始20周年にあたり声明を発表

EU News 150/2014

2014/04/06
ブリュッセル
8608/14
(OR. en)
PRESSE 213

<日本語仮抄訳>
キャサリン・アシュトン欧州連合(EU)外務・安全保障政策上級代表は、EUを代表して以下の声明を発表した。

「EUは、ルワンダ共和国政府およびルワンダ国民と共に、1994年の大虐殺の20周年と、人類史上もっとも残忍かつ組織的な残虐行為のひとつで亡くなった80万人以上もの無防備な人々を見舞った恐怖を厳かに心に留めている。我々は、犠牲者を守れなかったという集団的失敗を決して忘れてはならない。

EUは、非常に大きな困難にもかかわらず、人生と国家を再建したルワンダ国民の力と決意に敬意を表したい。我々はまた、ルワンダ国家の新たな礎として国民的和解と正義の確立を目指した努力を称えたい。これらの努力は継続されるべきであり、国際社会はこれを認め支援しなければならない。

<中略>

EUはこれを機に、ルワンダ国民への約束を再確認し、国家的和解、正義および持続可能な開発への引き続きの支援を誓う」

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://www.consilium.europa.eu/uedocs/cms_data/docs/pressdata/EN/foraff/142130.pdf