ホームニュース・出版物ニュース2014> EU、中国の新サービス貿易協定への参加を支持

EU、中国の新サービス貿易協定への参加を支持

EU News 139/2014

2014/03/31
IP/14/352
ブリュッセル

<日本語仮抄訳>
中国の習近平国家主席がブリュッセルを訪問した機会を捉え、欧州連合(EU)はサービス貿易の自由化を目指して現在進行中の協議に、中国が参加することへの強い支持を表明した。このEUの立場は、EU・中国首脳協議共同声明に反映されている。

新サービス貿易協定(TiSA)は、サービス貿易のさらなる自由化に関心を有するすべてのWTO加盟国に門戸が開かれている。2013年3月に開始した協議には、現在23のWTO加盟国が参加している。ただ、同機関の加盟国総意による支持が欠如しているために、その協議自体はWTOの枠組みの中で行われているわけではない。

昨年、中国がTiSAへの参加に関心を示し、9月には協議参加申請を提出した。EUは、広範な参加による協定の構築を戦略的目標としているため、この中国の動きを支持している。しかし、TiSa参加国の一部が懸念を表明しているため、中国の参加に関する協議は難航している。

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://europa.eu/rapid/press-release_IP-14-352_en.htm?locale=en

File Photo: Visit of Xi Jinping, President of the People's Republic of China, to the EC. David O'Sullivan, Chief Operating Officer of the European External Action Service (EEAS), Karel De Gucht, Member of the EC in charge of Trade, Catherine Ashton, High Representative of the Union for Foreign Affairs and Security Policy and Vice-President of the EC, José Manuel Barroso, Joaquín Almunia, Vice-President of the EC in charge of Competition, Günther Oettinger, Member of the EC in charge of Energy, and Jean-Luc Demarty, Director General of DG "Trade" of the EC (in the foreground, from left to right) Date: 31/03/2014 Reference: P-025336/00-09 Location: Brussels - EC/Berlaymont (C)EU, 2014 URL