ホームニュース・出版物ニュース2014> E3/EU+3協議を受けたアシュトンEU上級代表とザリフ・イラン外相の共同声明

E3/EU+3協議を受けたアシュトンEU上級代表とザリフ・イラン外相の共同声明

EU News 121/2014

2014/03/19
ウィーン
140319/01

<日本語仮訳>
キャサリン・アシュトン欧州連合(EU)外務・安全保障政策上級代表兼欧州委員会副委員長とイランのモハンマド・ジャヴァード・ザリフ外相は本日、以下の声明を発表した。

「ザリフ外相と私は、中国、フランス、ドイツ、ロシア、英国、米国の政治局長とともに、イランの核開発問題に関する包括的合意を目指す現在進行中の外交努力の一環として、イランとの2回目の協議を終えたところだ。

オーストリアの外相と職員、また国際連合に対し、これらの交渉をウィーンで開催することへの支援について、感謝の意を再度表明する。

先月の我々の会合において設置した交渉枠組みに基づき、濃縮、アラクの重水炉、民生用原子力協力、制裁などを含む一連の課題を網羅する、内容の濃い有益な協議を行った。

2014年4月7日から9日にかけて、ウィーンにおいて再度会合し、包括的協定に盛り込む意向である重要な分野に関する作業を継続する」

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://eeas.europa.eu/statements/docs/2014/140319_01_en.pdf

European Union High Representative for Foreign Affairs and Security Policy Catherine Ashton (L) opens with Iranian Foreign Minister Mohammad Javad Zarif (R) during E3/EU+3 - Iran Talks meeting in Vienna on March 18,2014.AFP PHOTO/SAMUEL KUBANI URL