ホームニュース・出版物ニュース2014> 「日・EU 政治対話 中東ワーキンググループ」会合について

「日・EU 政治対話 中東ワーキンググループ」会合について

EU News 120/2014

2014/03/19

<日本語仮訳>
欧州連合(EU)欧州対外行動庁のクリスチャン・バーガー部長(北アフリカ、中東、アラブ半島、イランおよびイラク担当)は2014年3月18日、都内で開催された「日・EU 政治対話 中東ワーキンググループ」会合の共同議長を務めた。バーガー部長は日本側参加者と、中東和平交渉、シリア、エジプト、イラン、イラクおよびマグレブや湾岸諸国における最近の情勢を含む、多岐にわたる共通の関心事項について議論した。バーガー部長はまた、EUが重要な政治的・経済的パートナーとなっている中東や北アフリカにおけるEUの役割を以下のように表現した。「多極的協力を含めた日本とのさらなる協力の可能性があると考える。今回の議論を通じ、EUと日本はこの地域で平和、民主主義および開発を促すにあたり、似た考えや関心があることを確認できた」。中東和平交渉について、バーガー部長はパレスチナ暫定自治政府に対し、日本が継続的に支援していることを歓迎した。