ホームニュース・出版物ニュース2014> シリア反体制派連合の和平会合参加を受けた声明

シリア反体制派連合の和平会合参加を受けた声明

EU News 11/2014

2014/01/18
140118/02
ブリュッセル

<日本語仮訳>
キャサリン・アシュトン欧州連合(EU)外務・安全保障政策上級代表兼欧州委員会副委員長の報道官は本日、以下の声明を発表した。

「反体制派のシリア国民連合は本日総会を開き、1月22日にスイスのモントルーで開催されるシリアに関するジュネーブ会議を発足させるハイレベル国際会合への潘基文国連事務総長の招待を受ける方針を賛成多数で決めた。

上級代表は、多くの弊害に直面し、総会参加者の決意と勇気によってもたらされた同連合のこの大変重要な決定を歓迎する。モントルーに連合の代表団を送る決定は、尊厳、自由および民主主義の中で暮らしたいというシリア国民の願望に沿った、平和と真の政治体制の移行をもたらすプロセスの開始を可能にするであろう。

上級代表は、この共通の取り組みにおいて、モントルーですべての招待者と力を合わせることを楽しみにしている」

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://eeas.europa.eu/statements/docs/2014/140118_02_en.pdf