ホームニュース・出版物ニュース2013> EU後援の東南アジア・ドキュメンタリー映画祭、参加作品を募集

EU後援の東南アジア・ドキュメンタリー映画祭、参加作品を募集

EU News 415/2013

2013/09/26

来年4月にジャカルタで開催される「第2回ChopShots ドキュメンタリーフィルムフェスティバル」では、2012年1月以降に製作されたドキュメンタリー映画の同フェスティバルへの出品を募っています。

「ChopShots」は、DocNet Southeast Asiaが欧州連合(EU)および東南アジアの6カ国のパートナーの支援を得て開催される、アジア太平洋地域のためのドキュメンタリーフィルムフェスティバルです。同フェスティバルは、東南アジアを描写する、または東南アジアの観客との関連性のある作品を一堂に集めることを目指しています。

同フェスティバルでは、総額10,000ユーロに上る賞金が用意され、新規参加の入賞者には、カンボジア、ラオス、インドネシア、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、タイおよびベトナムといった東南アジア諸国を訪問し作品を上映する機会が提供されます。

同フェスティバルでは長編および中・短編の2つのコンペティション部門で作品を募集しています。応募は無料で、作品は東南アジアにおけるトピックに焦点を当てたものが好ましく、英語の字幕がついていることが条件となります。

作品の提出期限は12月15日(事務局必着)です。

詳細およびオンライン申込書は以下のホームページにてご確認下さい。www.chopshots.net

 

問い合わせ先:
小関真理    Tel: 03-5422-6034 Mari.Koseki@eeas.europa.eu
末常美和子  Tel: 03-5422-6035 / Miwako.Suetsune@eeas.europa.eu
デジタルメディア担当 ビセンテ・J・ルナ
Tel: 03-5422-6038 / Vicente.Luna-Ganuza@eeas.europa.eu