ホームニュース・出版物ニュース2013> アシュトン上級代表、エジプトを訪問へ

アシュトン上級代表、エジプトを訪問へ

EU News 352/2013

28 July 2013
A 405/13
ブリュッセル

<日本語仮訳>

主要な利害関係者の要請を受け、キャサリン・アシュトン欧州連合(EU)外務・安全保障政策上級代表兼欧州委員会副委員長は、月曜日にエジプトを訪問する。

アシュトン上級代表は現地でアドリー・マンスール暫定大統領、ムハンマド・エルバラダイ暫定副大統領、暫定国防相のアブド・アルファタ・アルシーシ将軍および他の暫定政権のメンバーと会談する。自由と公正党の代表者をはじめ他の政治勢力や市民社会代表者とも会う。

上級代表は訪問を前に、「私は、すべての関係者と話し、ムスリム同胞団を含むすべての政治勢力が参加する完全に包括的な移行プロセスが必要であるという我々のメッセージを再度述べるためにエジプトに向かう。そのようなプロセスにより、憲法に基づく秩序、自由かつ公正な選挙および文民統治の政府ができるだけ早くもたらされなければならない。また、すべての暴力行為の停止も、再度訴えたい。命が失われていることを深く遺憾に思う。EUは、エジプトが安定・繁栄および民主主義を謳歌できる国に向かう道中、同国民を支援する決意である」と述べた。

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://www.consilium.europa.eu/uedocs/cms_data/docs/pressdata/EN/foraff/138424.pdf