ホームニュース・出版物ニュース2013> 第3回希少材料に関する三極カンファレンス開催――5月29日-30日、ブリュッセル

第3回希少材料に関する三極カンファレンス開催――5月29日-30日、ブリュッセル

EU News 336/2013

2013/07/11

第3回希少材料に関する三極カンファレンスは、希少材料の効率的管理における新たな手法の開発と実施に焦点が当てられた。原材料は近代社会と産業の持続可能な機能にとり不可欠であるが、中には「危機的な」状況に陥っているか、今後陥るものがある。

EUと日本と米国は、レアアースの分野における協力を推進するために、2011年にこの三極対話を開始した。

第1回会合は同年10月にワシントンで開催され、2012年3月には第2回会合が東京で行われた。

両会議とも、米国のチューエネルギー長官、日本の江田野経産大臣など、各国から閣僚級の参加がみられた。

 

Conclusions from the Conference (PDF)

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://ec.europa.eu/research/industrial_technologies/event-13_en.html

Third EU-US-Japan Trilateral Conference on Critical Materials, From left to right : His Excellency William E. Kennard, U.S. Ambassador to the European Union, United States' Mission to the European Union Dr. Rudolf Strohmeier, Deputy Director-General, European Commission, DG Research & Innovation His Excellency Kojiro Shiojiri, Ambassador of Japan to the European Union , (C)EU, 2013 URL