ホームニュース・出版物ニュース2013> エジプトの最近の動向に関するアシュトン上級代表報道官の声明

エジプトの最近の動向に関するアシュトン上級代表報道官の声明

EU News 326/2013

2013/07/07
ブリュッセル
A 373/13

<日本語仮訳>

キャサリン・アシュトン欧州連合(EU)外務・安全保障政策上級代表兼欧州委員会副委員長の報道官は本日、以下の声明を発表した。

「ここ数日、エジプトで発生した事態、特に多くの死傷者を出した衝突は、すべての欧州市民が深く懸念するものであり、暴力をただちにやめることを、より一層強く呼びかける。

対立は、現在エジプトが直面している問題の解決にはつながらない。同国が民主主義と安定に向けた道筋を回復するには、政治的工程表に基づいた対話に、あらゆる関係者を包含するという姿勢をもって臨むことしかないと考える。エジプトの民主化プロジェクトは、民主化移行への確かな回帰のための最重要原則として、あらゆる民主的勢力が全面的かつ自由に参画するかどうかにかかっている。

EUは、あらゆる当事者に対し、ただちに市民の自由を擁護するためのプロセスを整備するとともに、すべての政治指導者による包摂的対話を実現し、出来る限り早く選挙を実現することを、求める。アシュトン上級代表がエジプトの指導者との協議において毎回述べているように、またレオンEU特別代表が現場での話し合いにおいて示しているように、EUはエジプト全体に平穏を保ち、社会的そして政治的平和をもたらすために必要な支援努力を惜しまない。そのような話し合いをしている相手には、ムスリム同砲団も含まれている。

上級代表は、この数日間に発生した暴力により死傷者がでていることに、沈痛な重いを抱いている。犠牲者のご家族に対する弔意を表するとともに、対話と寛容の精神がエジプト全土に広がることを希望している」

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://www.consilium.europa.eu/uedocs/cms_data/docs/pressdata/EN/foraff/137798.pdf

File Photo: Catherine Ashton meets with President Morsi, Egypt, 19 June, 2013 (C)EU, 2013 URL