ホームニュース・出版物ニュース2013> エジプトの事態に関するアシュトンEU上級代表の声明

エジプトの事態に関するアシュトンEU上級代表の声明

EU News 319/2013

2013/07/03
ブリュッセル
A 368/13

<日本語仮訳>
キャサリン・アシュトン欧州連合(EU)外務・安全保障政策上級代表兼欧州委員会副委員長は本日、以下の声明を発表した。
「エジプトの動向を注視しており、社会が深く分裂し、政治の変化を求める国民、妥協を斡旋する努力が進められていることを、十分に理解している。
直ちにすべての当事者が民主的プロセスに立ち戻ることを、強く要求する。特に、自由で公正な大統領および議会選挙を実施するとともに、包摂的な方法による憲法の承認を進め、エジプトがその民主化のプロセスを回復かつ完了できるようにすることが、肝要である。

新政権が完全に包摂的であることを希望するとともに、基本的権利、自由、法の支配の完全なる尊重を確保することの重要性を繰り返し指摘する。また、それについて当局が責任を果たすよう求める。

すべての暴力的行為を強く非難するとともに、犠牲者のご遺族に対する弔意を表する。そして、治安部隊が力を尽くし、エジプト国民の命と安寧を守ることを要求する。あらゆる側に対し最大限の自制を求める。

EUは断固としてエジプト国民の民主主義と包摂的統治の希求を支持し続ける」

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://www.consilium.europa.eu/uedocs/cms_data/docs/pressdata/EN/foraff/137704.pdf