ホームニュース・出版物ニュース2013> 経済・財務理事会の主な結論

経済・財務理事会の主な結論

EU News 306/2013

2013/06/27
欧州連合理事会
11646/13
(OR. en)
PROVISIONAL VERSION
PRESSE 300
PR CO 38
ブリュッセル

<日本語仮抄訳>
欧州連合(EU)理事会は、欧州議会との交渉の土台となるべく、銀行の破たん処理に関する枠組み案に関する自らの考え方を確定した。

想定される指令は、各加盟国当局に対し、銀行危機を未然に防ぎ、かつ不可欠の銀行機能の保全と納税者の損失を最小限に留めつつ、秩序ある方法で金融機関の破たん処理に当たる権限を与える。

同指令はまた、予備・防止的、早期介入および破たん処理という3段階において銀行危機に対する策を打つためのさまざまな手法を導入する。

同指令を年末までに採択することを目指す。

理事会はまた、7月1日のクロアチアのEU加盟に必要な資金をEUの2013年予算に提供するための2013年第1次補正予算案を承認した。

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://www.consilium.europa.eu/uedocs/cms_data/docs/pressdata/en/ecofin/137630.pdf