ホームニュース・出版物ニュース2013> 欧州共通庇護制度に向けた最終段階

欧州共通庇護制度に向けた最終段階

EU News 277/2013

2013/06/07
欧州連合理事会
ルクセンブルク
10411/13
PRESSE 230

<日本語仮抄訳>

欧州連合(EU)理事会は、欧州共通庇護制度を構築するとの欧州理事会の約束を実現すべく、3つの重要な法的手段の書き換えに対する第一読解において、その見解を採択した。3つの書き換えられた提案は、受け入れ条件指令、ダブリン規則および庇護手続き指令である。

共同立法者双方の間の三者協議の合意を受け、欧州議会は次の本会議(6月10日~13日開催)においてこれら3つの見解を無修正で承認(「早期第二読解合意」)する予定である。3つの法律はそれを受け、正式に採択される。

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://www.consilium.europa.eu/uedocs/cms_data/docs/pressdata/en/jha/137420.pdf