ホームニュース・出版物ニュース2013> エジプトのNGO判決に関するアシュトン上級代表とフィーレ委員の声明

エジプトのNGO判決に関するアシュトン上級代表とフィーレ委員の声明

EU News 272/2013

2013/06/05
MEMO/13/510
ブリュッセル

<日本語仮訳>

エジプトのNGO判決に関し、キャサリン・アシュトン欧州連合(EU)外務・安全保障政策上級代表兼欧州委員会副委員長とシュテファン・フィーレ拡大担当委員は以下の共同声明を発表した。

「エジプトにおいて2011年12月に起訴されていた外国NGOの職員43名に対し、禁固1~5年の判決が下されたことについて、憂慮を表する。この有罪判決は、市民社会の活動についての否定的なシグナルを発するものである。我々は、この判例における司法プロセスを注視し続ける。

市民社会はエジプトで進行中の民主化移行において、重要な役割を果たしており、活動の自由が認められるべきである。欧州連合(EU)は、同国の市民社会との連携を積極的にはかり、普遍的な人権の推進に資するいくつかのプロジェクトを成功裏に展開してきた。EUがあらゆる利害関係者と緊密に協力し、国際基準および国際人権法におけるエジプトの公約に完全に合致したNGO法が確実に採択されるよう、確固たる取り組みを続けることを再度確約する」

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://europa.eu/rapid/press-release_MEMO-13-510_en.htm?locale=en