ホームニュース・出版物ニュース2013> 国際支援国会議: マリ再建のために国際社会が32.5億ユーロを準備

国際支援国会議: マリ再建のために国際社会が32.5億ユーロを準備

EU News 235/2013

2013/05/15
IP/13/429
ブリュッセル

<日本語仮抄訳>

本日、ブリュッセルにおいて、欧州連合(EU)、フランスおよびマリ共催の「Together for a new Mali (新生マリのための協調)」と題する国際支援国会議が開催された。各国の高官が出席する中、国際社会がマリの開発優先課題の支援に、確固たる姿勢を示した。支援国は、マリ政府が提示した2013年~2014年における持続可能な回復計画(PRED)を基本として、資金供与を公約した。PREDの実施に必要な43億4,300万ユーロのうち、総額32億5,000万ユーロの資金提供が確約された。

『EU MAG』の関連記事
「マリ情勢をめぐるEUの対応」(2013年3月号「ニュースの背景」)

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://europa.eu/rapid/press-release_IP-13-429_en.htm?locale=en

Donor Conference for development in Mali. Date: 15/05/2013 Reference: P-023250/00-07 Location: Brussels - Committee of Regions (C)EU, 2013 URL