ホームニュース・出版物ニュース2013> EU市民権: 欧州委員会、市民の権利強化のため12の新施策を提案

EU市民権: 欧州委員会、市民の権利強化のため12の新施策を提案

EU News 221/2013

2013/05/08
IP/13/410
ブリュッセル

<日本語仮抄訳>

欧州委員会は、本日、欧州連合(EU)市民が日常生活において今もなお直面している障害を取り除くために、一連の施策によりEU市民権の強化に新たな一押しを加える方針を発表した。この2013年EU市民権報告書は、他の加盟国における求職から、EUの民主的生活への参画の強化まで、欧州市民が自らの権利をより良く活用するための12の具体的方策を提示している。他の加盟国において就職や研修を行いやすくすること、EU域内における生活や渡航に必要な過剰な事務書類を削減すること、国境を越えた買い物への障害を除去することなどが主な提案に含まれている。欧州市民年において、この報告書は、他の加盟国で渡航、移動、買い物などをしたときに同じような経験したEU市民から寄せられる数多くの要望に応えたものである。

『EU MAG』の関連記事
「欧州市民年とEU市民権」(『EU MAG』2013年3月号特集)

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://europa.eu/rapid/press-release_IP-13-410_en.htm?locale=en

Viviane Reding, presenting the 2013 EU Citizenship Report Date: 08/05/2013 Reference: P-023216/00-06 Location: Brussels - EC/Berlaymont (C)EU, 2013 URL