ホームニュース・出版物ニュース2013> EU、中国製ソーラーガラスに対する反ダンピング調査を開始

EU、中国製ソーラーガラスに対する反ダンピング調査を開始

EU News 105/2013

2013/02/28
Memo/13/153
ブリュッセル

<日本語仮抄訳>

欧州委員会は本日、中国製のソーラーガラスの輸入に関する反ダンピング調査を開始した。これは、中国からのソーラーガラスが市場価格より低い値段で欧州連合(EU)で販売され、EUのソーラーガラス産業に重大な損害を与えていると主張する団体、EU ProSun Glassによる申し立てに基づく。

同調査には最長で15カ月かかりうるが、EUは通商防衛ルールの下、必要と判断した場合には、暫定的な反ダンピング税を課すことができる。

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://europa.eu/rapid/press-release_MEMO-13-153_en.htm?locale=en

 

EU MAG』の関連記事
EUの競争政策とは何ですか?