ホームニュース・出版物ニュース2013> EU、マリ情勢に関する支援グループ閣僚会合を主催

EU、マリ情勢に関する支援グループ閣僚会合を主催

EU News 49/2013

2013/02/05
A 60/13
ブリュッセル

<日本語仮抄訳>

キャサリン・アシュトン欧州連合(EU)外務・安全保障政策上級代表兼欧州委員会副委員長は本日、マリ情勢に関する支援グループの閣僚会合を主催した。

同会合は、アフリカ連合、西アフリカ諸国経済共同体(ECOWAS)および国際連合も共同議長を務めた。マリのティエマン・クリバリ外務大臣率いるマリ代表団には、シンコ・クリバリ地域行政大臣とママドゥ・シディベ人道行動大臣も参加した。

多くの外務大臣を含むすべての参加者は、マリ北部のテロ組織に対するフランスおよび周辺地域の支援を受けた同国軍の進行を歓迎し、国際人道法の尊重と一般市民の保護の重要性を強調した。彼らはまた、体制移行のための工程表を採択したマリの体制移行担当当局を称賛し、忠実かつ決意をもって実行に移すよう求めた。マリを安定に導き、サヘル地域全体に安定および発展を再びもたらすには、自由かつ公正な選挙、憲法の下の秩序の完全な回復および真に包括的な国民的対話が重要である。

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://www.consilium.europa.eu/uedocs/cms_data/docs/pressdata/EN/foraff/135227.pdf

Ministerial Conference on Mali. r Mamadou SIDIBÉ, Minister for Humanitarian Action of Mali, Mr Tieman COULIBALY, Minister for Foreign Affairs of Mali, Mr Moussa Sinko COULIBALY, Minister of Territorial Administration, of Decentralization and of Territorial Planning of Mali. Photo Credit: "The Council of the European Union", 2013. URL