ホームニュース・出版物ニュース2013> EU外務理事会の主な結果

EU外務理事会の主な結果

EU News 45/2013

2013/01/31
欧州連合理事会
5858/13
PRESSE 39
PR CO 4
ブリュッセル

<日本語仮抄訳>

欧州連合(EU)理事会は、マリの主権と統一そして同国領土の保全に対するEUの強力かつ継続的コミットメントを再度示した。理事会は、同国北部におけるテロリストグループとの戦いにおいて、マリ軍が、フランスおよび近隣諸国の支援を得て、前進していることを歓迎した。また、マリへの支援、特にアフリカ諸国が展開している努力に対する支援について、国際的取り組みを継続することの重要性を強調した。さらに、工程表が採択されたことについても、同国における憲法秩序の全面的回復に不可欠な動きとして、評価した。

理事会はまた、ソマリアの移行期間が終了したことを、20年に及ぶ紛争の時代が過去のものとなる歴史的機会を意味するとして、歓迎するとともに、同国の移行を支えるためのEUの集団的努力の継続を公約した。理事会は、ソマリアのハッサン・シェイク・ムハマド大統領と意見交換を行った。

理事会は、2月7日~8日に開催される欧州理事会における協議を念頭において、アラブの春に対するEUの対応とともに、シリアとエジプトの現状把握を行った。

理事会は、リビアにおける国境管理の支援のために派遣される可能性のある、共通安全保障・防衛政策の民生ミッションに関する危機管理の考え方を承認した。

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://www.consilium.europa.eu/uedocs/cms_data/docs/pressdata/EN/foraff/135155.pdf

Foreign Affairs Council - Press conference. Ms. Catherine ASHTON, High Representative of the EU for Foreign Affairs and Security Policy. Photo Credit "The Council of the European Union", URL