ホームニュース・出版物ニュース2013> 合併: 欧州委員会、UPSによるTNTエクスプレスの買収計画を承認せず

合併: 欧州委員会、UPSによるTNTエクスプレスの買収計画を承認せず

EU News 44/2013

2013/01/30
IP/13/68
ブリュッセル

<日本語仮抄訳>

欧州委員会は、ユナイテッド・パーセル・サービス(UPS)によるTNTエクスプレスの買収提案を、欧州連合(EU)合併規則に基づき非承認とした。この買収が、他加盟国への小包の即時配送サービスに関して、15の加盟国で競争の制限につながる可能性があることが明らかになったためである。すなわち、そのような国では、この合併が実施されると、主要事業者の数が2ないし3社に限られるか、場合によってはDHLが唯一のUPSの競合相手になる可能性がある。それにより、顧客にとって価格上昇の弊害の可能性があった。調査中にUPSが当該15カ国にあるTNTの子会社を売却することと、その売却先による5年間のEU域内空輸網の利用を可能とする提案を行った。欧州委員会は、消費者や他の利害関係者との協議を行う市場テストの実施など、徹底した評価を行ったが、示された改善策は、特定された競争上の懸念を払拭するには不十分であることが判明した。

原文はこちらをご覧下さい。
http://europa.eu/rapid/press-release_IP-13-68_en.htm?locale=en