ホームニュース・出版物ニュース2013> ギリシャについてのユーログループの声明

ギリシャについてのユーログループの声明

EU News 25/2013

2013/01/21

<日本語仮訳>

ユーログループ(ユーロ圏財務相会合)は、ギリシャとトロイカ(欧州委員会、欧州中央銀行および国際通貨基金からなる調査団)の間で合意された、覚書(MoU)の1月の目標が達成されたことに満足している。特に、所得税改革が採択されたこと、そして、低圧(個人)消費者が支払うエンドユーザー向け電気料金、そして、再生可能エネルギー源に課せられる税金の調整が行われたことに留意する。ギリシャ政府が、所得税法簡素化案の今春までの採択に向けて取り組んでいることを歓迎する。

こうした背景に基づき、ユーログループは今月中に、ギリシャの第2経済調整計画における融資の第2回分の20億ユーロを支払えることを期待している。これについては、欧州金融安定基金(EFSF)理事会が正式に決定する。

ユーログループはまた、EFSF理事会の正式決定に基づき、銀行の資本増強および破綻処理の費用を賄うためにさらに72億ユーロがギリシャに支払われることを想起する。

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://www.consilium.europa.eu/uedocs/cms_data/docs/pressdata/en/ecofin/134936.pdf

Eurogroup Press Conference. Mr Jeroen DIJSSELBLOEM, Dutch Minister for Finance; Mr Jean-Claude JUNCKER, President of the Eurogroup. 2013/01/21 Photo Credit "The Council of the European Union" URL