ホームニュース・出版物ニュース2016> EU海軍部隊の海賊対処作戦司令官、海上自衛隊指揮官を歓迎

EU海軍部隊の海賊対処作戦司令官、海上自衛隊指揮官を歓迎

EU News 387/2016

2016/11/23

<日本語仮抄訳>

2016年11月21日、欧州連合(EU)海軍部隊がソマリア沖で展開する海賊対処作戦「アタランタ」の司令官、ルネ・ルイクス准将は、同作戦の旗艦であるオランダ海軍フリゲート艦「トロンプ」に、日本の第4護衛隊群(CCD4)司令、南厚1等海佐を迎えた。

CCD4は、海賊行為や海上の武装強盗行為の妨害に取り組む、ソマリア沖の海賊対処行動におけるアタランタ作戦の主要なパートナーの一つである第151 連合任務部隊(CTF151)の一部である。

今回の会合で両者は、ソマリアを拠点とした海賊行為を引き続き抑え込むことに向けた協力の重要性について協議した。両司令官が会うのは今回で3度目であったが、「トロンプ」のアタランタ作戦への配備は2016年12月6日で終了するため、互いに別れを告げる機会でもあった。

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://eunavfor.eu/operation-atalanta-force-commander-welcomes-japanese-commander-of-the-japanese-escort-task-group-on-board-dutch-flagship-hnlms-tromp/

© eunavfor 2016 URL