ホームニュース・出版物ニュース2016> EU、極刑や拷問に使用されうる物品の取引に対する規制を強化

EU、極刑や拷問に使用されうる物品の取引に対する規制を強化

EU News 323/2016

2016/10/04
ブリュッセル

<日本語仮抄訳>

欧州連合(EU)は本日、極刑や拷問に使用されうる物品の貿易に関するルールをさらに強化するための重要な一歩を進めた。

EUは2005年に既に、極刑や拷問にしか使用されない特定の物品に対する貿易を禁止し、このような使用が可能な物品の輸出規制を課す規則を採択した。2014年1月、欧州委員会はこの規則を改正し、規制を強化するよう提案した。EU理事会および欧州議会との協議や両機関内の討議を経て、三者間の対話で合意が得られた。本日の欧州議会での採決を受け、改正案はEU理事会で承認されることとなり、元のEU規則(1236/2005)の改正規則はEUの官報に掲載されてEU法となる。

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://europa.eu/rapid/press-release_IP-16-3286_en.htm