ホームニュース・出版物ニュース2014> 世界の先住民の国際デーに寄せるEU報道官の声明

世界の先住民の国際デーに寄せるEU報道官の声明

EU News 338/2014

2014/08/09
140808/01

<日本語仮訳>

「本日この国際デーに際し、世界の先住民と共に彼らの豊かな文化遺産を祝し、彼らの伝統や知識が世界の文化遺産に大きく貢献してきたことに敬意を表したい。欧州連合(EU)は、2007年の先住民族の権利に関する国連宣言(UNDRIP)の忠実な支持者である。UNDRIPで定義される先住民族の権利は、EUの人権政策の不可欠な一部となっている。

EUは、2014年9月の先住民族世界会議(WCIP)が成功裏に開催されることの重要性を強調したい。EUは先住民族に関する議論に関わりを続け、UNDRIPの内容を具体的な行動や現場における変革を目指す先住民代表の参加を支持したい。また、ポスト2015年開発アジェンダの詳細を詰めるにあたり、先住民族の取り組みの重要性にも留意する。

EUは、関連がある場合には、国連、米州機構およびアフリカ連合など、第三国や地域機関との交流の中で常に先住民族の権利を提起している。EUはまた、市民社会のプロジェクト、国連機関における先住民族代表、および国際労働機関(ILO)の関連事業に金銭的支援を提供している。民主主義と人権のための欧州基金(EIDHR)の下、EUは2014年において、先住民族の権利の促進に向けた新たな取り組みに最大500万ユーロを拠出する」

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://www.eeas.europa.eu/statements/docs/2014/140808_01_en.pdf

File Image: United Nations Permanent Forum on Indigenous Issues, UN URL