ホームニュース・出版物ニュース2014> 北海道EU協会発足、日本におけるEUのネットワークが拡大

北海道EU協会発足、日本におけるEUのネットワークが拡大

EU News 295/2014

2014/07/08

本日、国内14番目となる北海道EU協会が誕生し、駐日欧州連合(EU)代表部の全国ネットワークが広がりました。同協会発足に当たり、EU協会覚書が交わされました。

1987年、大分県に最初のEU協会が設立されて以来、EU協会は日本各地でEU関連情報を提供し、日・EUの相互理解と友好関係促進の拠点となってきました。各地のEU協会は、EUをテーマにした講演会・セミナー・文化イベントの開催、また所在県内の諸団体との協力による訪欧視察団の派遣ならびにEUからの訪日団体などの受け入れ、といった活動を行っています。

本日、札幌市内で行われた北海道EU協会設立総会には、EU代表部のメイヴ・コリンズ臨時代理大使が出席し、北海道における日・EU間の交流促進の拠点の設立を歓迎するとともに同協会の今後の活動への期待を寄せました。

北海道EU協会は、北洋銀行ならびに㈱北海道二十一世紀総合研究所が中心となって準備を進め、本日の発足となりました。

覚書を交わす北海道EU協会の横内龍三会長とコリンズ臨時代理大使 Hokkaido inaugural meeting 2014.07.08, Photos by MTo, EU, 2014 URL