ホームニュース・出版物ニュース2014> EU、2013年に人権政策を強化

EU、2013年に人権政策を強化

EU News 278/2014

2014/06/23
欧州連合理事会
ルクセンブルク
11226/14
(OR. en)
PRESSE 360

<日本語仮抄訳>
欧州連合(EU)外務相理事会は本日、2013年の世界における人権と民主主義に関するEU年次報告書を承認した。

それは、2013年に貿易、開発などを含む対外関係政策の全領域および共通安全保障・防衛政策における、EUの人権に関わる活動と業績をまとめたものである。同報告書では、EUが立脚する価値と原則を世界的に推進するための継続的な努力が語られている。また、キャサリン・アシュトンEU外務・安全保障政策上級代表とスタブロス・ランブリニディスEU人権問題特別代表による、人権の普遍性を世界中で推進するための継続的尽力が示されている。

2013年には、宗教および信仰を守るためのEU指針の採択、レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー、インターセックス(LGBTI)の人々の人権の全面的享受を推進および擁護するための指針の採択など、主要な目標を達成することができた。 

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://www.consilium.europa.eu/uedocs/cms_data/docs/pressdata/EN/foraff/143317.pdf