ホームニュース・出版物ニュース2014> ザイド王子の国連人権高等弁務官任命に関する声明

ザイド王子の国連人権高等弁務官任命に関する声明

EU News 269/2014

2014/06/16
ブリュッセル
140616/02

<日本語仮訳>
欧州連合(EU)の対外行動庁(EEAS)は、以下の声明を発表した。

「ヨルダンのザイド・フセイン王子が、新国連人権高等弁務官に任命されたことを、歓迎する。ザイド王子は、国連において人権を推進するとともに、国際正義の提唱者としても実績を挙げている。

EUは、ザイド王子の就任により、高等弁務官事務所が世界全体の人権尊重の提唱と強化において、主導的役割を継続することが担保されると、確信する。

また、退任するナバネセム・ピレイ高等弁務官には、この6年間世界全体における人権の保護と推進のために不断の尽力をされたことに、特段の敬意を表する。中でも、任期中にフィールドプレゼンスを拡大し、国連システム全域において人権を主流に据える努力をされたことを賞賛する。

EUは人権高等弁務官事務所およびその独立性と一体性を、人権分野における国連の活動全般と同様に、強力に支持している。EUは、新任高等弁務官との実り多い協力を期待している」

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://eeas.europa.eu/statements/docs/2014/140616_02_en.pdf

File Photo: Zeid Ra'ad Zeid Al-Hussein, on the left, and Kristalina Georgieva Date: 25/09/2013 Reference: P-023986/00-42 Location: New York - EU/Delegation (C)EU, 2013 URL