ホームニュース・出版物ニュース2014> ブリュッセルのユダヤ博物館発砲事件を受けたバローゾ委員長の声明

ブリュッセルのユダヤ博物館発砲事件を受けたバローゾ委員長の声明

EU News 240/2014

2014/05/24
STATEMENT/14/170
ブリュッセル

<日本語仮訳>
欧州委員会のジョゼ・マヌエル・バローゾ委員長は、ブリュッセルのユダヤ博物館における発砲事件を受け、以下の声明を発表した。

「本日午後、3人の無実の人々の命が奪われたブリュッセル市中心部のユダヤ博物館における暴力的行為の報を受け、深い衝撃を受けている。私自身および欧州委員会を代表し、この悲劇的な犯罪の犠牲者の遺族や友人に心中より哀悼の意を表したい。

欧州の首都の中心部にある宗教的象徴を標的にしたと思われる今般の恐ろしい行為を強く非難する。これは、欧州の価値に対する攻撃であり、看過することはできない。

私の心からの思いと結束は、ベルギー政府およびベルギー国民と共にある」

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://europa.eu/rapid/press-release_STATEMENT-14-170_en.htm?locale=en