ホームニュース・出版物ニュース2014> 欧州議会選挙に関するEU・加盟国大使による 記者ブリーフィングのご案内

欧州議会選挙に関するEU・加盟国大使による 記者ブリーフィングのご案内

EU News 213/2014

2014/05/12

5月22日から25日にかけ、欧州連合(EU)全28加盟国において欧州議会選挙が行われます。欧州市民が直接選出する唯一のEU機関である欧州議会は、市民の声を代表するという事実が認められ、着実にその権限を拡大しています。

本年の選挙は、2009年12月のリスボン条約発効後初めて行われるものであり、2019年までEUを率いる新しいEU指導者を選定する第一歩となります。リスボン条約で導入された主要な事項として、欧州議会選挙の結果が、初めてEUの行政執行機関である欧州委員会委員長の任命と明らかな関連を持つこととなります。

EU加盟国の首脳は、選挙後の欧州理事会において欧州議会に提案する欧州委員会委員長候補を選ぶ際、選挙結果を「考慮する」ことが義務付けられており、同候補は欧州議会の承認を受けなくてはなりません。結果として、選挙結果が新指導者およびEUの将来に大きな影響を及ぼすこととなります。

来る選挙がEUにとってどのような意味を持つかについて、ハンス・ディートマール・シュヴァイスグート駐日EU大使、ハンス・カール・フォン・ヴェアテルン駐日ドイツ連邦共和国大使ならびにティム・ヒッチンズ駐日英国大使が、詳細な説明を行います。

記者ブリーフィングは下記の要領で行われます。

日時:  2014年5月20日(火) 14:30~
場所:  駐日EU代表部
港区南麻布4-6-28 ヨーロッパハウス
使用言語: 英語・日本語(逐次通訳付き)

本ブリーフィングは報道関係者を対象としたものです。出席を希望される方は、事前に駐日EU代表部広報部までお申し込みください。

申し込み締め切り: 5月19日(月)15:00

問い合わせ・申し込み先:
小関真理 Tel: 03-5422-6034 Mari.Koseki@eeas.europa.eu
末常美和子 Tel: 03-5422-6035 / Miwako.Suetsune@eeas.europa.eu
デジタルメディア担当 ビセンテ・J・ルナ
Tel: 03-5422-6038 / Vicente.Luna-Ganuza@eeas.europa.eu