ホームニュース・出版物ニュース2014> 南スーダンに関するEU上級代表の声明

南スーダンに関するEU上級代表の声明

EU News 212/2014

2014/05/10
ブリュッセル
140510/01

<日本語仮抄訳>
キャサリン・アシュトン欧州連合(EU)外務・安全保障政策上級代表兼欧州委員会副委員長は本日、以下の声明を発表した。

「南スーダンにおける危機を解決するために、アジスアベバにて到達した合意を歓迎するとともに、すべての当事者の努力、特にエチオピアの首相の仲介に賛辞を贈る。

この内容が迅速に実行されるなれば、突破口となり得るものだ。南スーダンにとっては時間との戦いになる。人道的惨事が迫っているからだ。同合意を即時に実施することのみでしか、南スーダンの多数の国民が暴力と飢きんから逃れる道はない。5カ月にも及ぶ暴力の後、南スーダンが徐々に体制を立て直し始めることが出来るはずだ。

両指導者が、同合意が求めるように、全部隊に敵対的行為を控える旨の命令を即時に発することを期待する。そのような命令が双方から出されたかどうかを昨日の署名から1週間以内に確認することになっているIGAD監視団からの報告を、EUは待っている」

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://eeas.europa.eu/statements/docs/2014/140510_01_en.pdf