ホームニュース・出版物ニュース2014> 欧州議会、長距離路線航空機からの排出量規制の免除を支持

欧州議会、長距離路線航空機からの排出量規制の免除を支持

EU News 148/2014

2014/04/03

<日本語仮抄訳>
欧州議会が本日承認した規則に基づき、欧州連合(EU)が航空機を対象とした温室効果ガス排出枠に関する法律は、2017年の初めまではEU域内の路線のみに適用するが、それ以降はEU発着のすべての路線に適用される。同法律はまた、EU加盟各国に対し、排出枠のオークションで得た収入の使い道を報告することも義務付ける。

これまでの交渉の中で欧州議会側は、排出枠オークションで得た収入をどのように使っているかを報告するとの文言を挿入することができた。この収入は、気候変動対策や特に航空分野における低排出運輸手段に向けた研究に使用されるべきである。議会は、このような透明性がEUの国際公約を支えるカギと考えている。

『EU MAG』の関連記事
EU領空内の航空排出に排出量取引を適用 2014年1月号 特集

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://www.europarl.europa.eu/news/en/news-room/content/20140331IPR41187/html/MEPs-back-CO2-permit-exemption-for-long-haul-flights