ホームニュース・出版物ニュース2014> G7 ハーグ宣言(仮訳)

G7 ハーグ宣言(仮訳)

EU News 128/2014

2014/03/24

<日本外務省提供仮訳>

1. 我々,カナダ,フランス,ドイツ,イタリア,日本,英国,アメリカ合衆国の首脳並びに欧州理事会議長及び欧州委員会委員長は,ウクライナの主権,領土の一体性及び独立に対する我々の支持を再確認するため,ハーグで会合した。

2.  国際法は,強制や力によって他国の一部又は全部の領土を取得することを禁じている。そうすることは,国際体制が基盤とする諸原則に違反する。我々は,ウ クライナ憲法に違反してクリミアで行われた違法な住民投票を非難する。我々はまた,国際法及び特定の国際的な義務に違反してクリミアを併合しようとするロ シアの違法な試みを強く非難する。我々は,これら双方を承認しない。

3. 本日,我々はロシアの行動には重大な結果が伴うことを再確認する。この明白な国際法違反は,世界中の法の支配に対する深刻な挑戦であり,全ての国にとって懸念となるべきものである。ロシアによるウクライナの主権及び領土の一体性の侵害に対応し,そして,これらの違法な行動に対する我々の決意を示すべく,個別に,そして共同で,我々は,ロシア並びに責任を有する個人及び団体に対し,様々な制裁を課してきた。ロシアが引き続き現状をエスカレートさせる場合,我々は,ロシア経済に更に重大な影響を与える協調された分野別の制裁を含む行動を強化する用意がある。

4. 我々は,ロシアにその国際的な義務及び世界経済に対するものを含む責任を想起させる。ロシアには明確な選択肢がある。状況を緩和するための外交的な道筋は引き続き開かれており,我々は,ロシア政府がこれらの道筋を選択することを慫慂する。ロシアは,ウクライナの領土の一体性及び主権を尊重し,ウクライナ政府との討議を開始し,正当な懸念に対処するための国際的な調停や監視の申し出を利用しなければならない。

5. 欧州安全保障協力機構(OSCE)のウクライナへの特別監視団に対するロシア連邦の支持は正しい方向への一歩である。我々は,現場での対話を促進し,緊張を緩和し,状況の正常化を推進するための早期の監視団派遣を期待する。また,我々は,特別監視団の構成員がその任務を達成できるよう,ウクライナ全域に対する安全で保証されたアクセスを与えられることを全ての関係者に求める。

6. このグループは,共有された信念と共有された責任ゆえに集まった。この数週間におけるロシアの行動は,これらの信念及び責任と整合的ではない。このような状況の下,我々は,計画されていたソチ・サミットには参加しない。我々は,ロシアがその方向を変更し,G8で意味のある議論を行う環境に戻るまで,G8への参加を停止し,また,我々は,共に抱える幅広い課題について議論するため,当初予定していたのと同時期、2014年6月に、ブリュッセルで、改めてG7の形式で会合を開催する。我々はまた,我々の外相に対し,モスクワでの4月の会合に参加しないよう助言した。加えて、我々は、共同のエネルギー安全保障を強化する方策について議論するため、G7エネルギー大臣会合を開催することを決定した。

7. 同時に,我々は,自国に統一性,民主主義,政治的安定及び経済的繁栄を回復しようと努めているウクライナの人々を断固として支持する。我々は,ウクライナ政府による野心的な改革の取組を称え,幅広い憲法改革,自由で公正な5月の大統領選挙,人権の推進及び少数民族の尊重に基づき,ウクライナがその歴史の新たな一章を開始しようと試みるに当たり,その実施を支持する。

8. 国際通貨基金(IMF)は,ウクライナの改革を支援する国際的な努力を主導し,ウクライナの経済的な脆弱性を減少させ,そしてウクライナを多国間体制における市場経済として一層組み込んでいくことにおいて,中心的な役割を有している。我々は,IMFとウクライナ当局との共同作業を強く支持するとともに,両者に対し,迅速に結論を得るよう要請する。IMFの支援は,世界銀行,その他の国際金融機関,EU,そして二国間から追加的な支援を引き出す上で極めて重要である。我々は,ウクライナに対して強固な金融面での後ろ盾を提供し,技術支援を調整し,そして,貿易を促進するとともに,エネルギー安全保障を強化する措置を含むその他の分野での支援を提供することを約束する上で引き続き結束している。

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://www.consilium.europa.eu/uedocs/cms_data/docs/pressdata/en/ec/141855.pdf

File Photo: 24/03/2014 President VAN ROMPUY at the G7 leaders' meeting in The Hague, Credit "The Council of the European Union" URL