ホームニュース・出版物ニュース2014> クリミアに関するヴァンロンプイ議長とバローゾ委員長の共同声明

クリミアに関するヴァンロンプイ議長とバローゾ委員長の共同声明

EU News 117/2014

2014/03/18
欧州理事会議長
ブリュッセル
EUCO 63/14
PRESSE 163
PR PCE 56

<日本語仮訳>
ヘルマン・ヴァンロンプイ欧州理事会議長とジョゼ・マヌエル・バローゾ欧州委員会委員長は、以下の共同声明を発表した。

「ウクライナの主権、領土の一体性および独立は尊重されなければならない。欧州連合(EU)は、違法かつ正統性のないクリミアの住民投票も、その結果も認めない。EUはクリミアとセバストポリのロシア連邦への編入を認めず、この立場は将来も変わることはない。

3月6日のEU加盟国首脳による宣言および3月16日の我々の声明に従い、欧州理事会は今週の会合でウクライナ情勢を議論し、欧州としての共通の対応について合意する」

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://www.consilium.europa.eu/uedocs/cms_data/docs/pressdata/en/ec/141628.pdf

File Photo: Herman van Rompuy, on the right, and José Manuel Barroso Date: 06/03/2014 Reference: P-025196/00-34 Location: Brussels - Council/Justus Lipsius (C)EU, 2014 URL