ホームニュース・出版物ニュース2014> クリミアに関するヴァンロンプイ欧州理事会議長とバローゾ欧州委員会委員長の共同声明

クリミアに関するヴァンロンプイ欧州理事会議長とバローゾ欧州委員会委員長の共同声明

EU News 115/2014

2014/03/16
欧州理事会議長
ブリュッセル
EUCO 58/14
PRESSE 140

<日本語仮訳>

「2014年3月6日に欧州連合(EU)加盟全28カ国の首脳が述べたように、EUは、ウクライナの領土の将来的地位に関する国民投票の実施が、同国憲法および国際法に反すると考える。今般の国民投票は違法かつ正統性がなく、その結果を尊重することはない。

ウクライナ危機の解決は、同国の領土の一体性、主権および独立に基づき、ウクライナ憲法の枠内に収まり、国際的基準に厳格に則ったものでなければならない。危機の解決は、ウクライナとロシア両国政府の直接協議を含む外交的手続きのみによって得られる。EUは、欧州大陸における平和、安定および繁栄の確保に特別の責任を負っており、あらゆる手段でこれらの目標を追求続ける。

我々は、ウクライナの主権と領土の一体性に対する言われなき侵害への強い非難を繰り返し、ロシアに対し、関連協定に従い、その軍隊を危機以前の数まで削減し、常駐の地まで撤収させるよう求める。

これらの目的の達成のため、EU各国の外相は明日ブリュッセルにおいて状況を精査し、3月6日のEU首脳声明に沿った形での追加措置を決定する」

Updated 2013/03/19

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://www.consilium.europa.eu/uedocs/cms_data/docs/pressdata/en/ec/141566.pdf