ホームニュース・出版物ニュース2014> 真の欧州司法領域を目指して: 信頼、移動性、成長の強化

真の欧州司法領域を目指して: 信頼、移動性、成長の強化

EU News 106/2014

2014/03/11
IP/14/233
ストラスブール

<日本語仮抄訳>
欧州委員会は本日、欧州連合(EU)司法政策の将来に関する概観を示した。リスボン条約発効から4年、欧州司法領域の構築は、飛躍的に進んだ。欧州委員会は、司法分野における法規の活用を通じ、市民や企業にとっての行政手続きや費用の削減に加え、経済回復の促進、自由移動の権利を行使することによる市民の実生活の円滑化を実現してきた。2020年までに信頼、移動の自由、成長を基礎に、フルに機能する共通の欧州司法領域の構築に向けて、さらなる前進を刻むことが欧州委員会の今後の目標である。

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://europa.eu/rapid/press-release_IP-14-233_en.htm?locale=en