ホームニュース・出版物ニュース2014> ウクライナの暴力に関するアシュトン上級代表の声明

ウクライナの暴力に関するアシュトン上級代表の声明

EU News 66/2014

2014/02/18
ブリュッセル
140218/03

<日本語仮訳>

キャサリン・アシュトン欧州連合(EU)外務・安全保障政策上級代表兼欧州委員会副委員長は本日、以下の声明を発表した。

「キエフで新たに深刻化している状況、そして犠牲者が出ているとの報告に深く憂慮している。公共および政党の建物に対するものを含むすべての暴力行為を非難する。

ウクライナの指導部が危機の根本原因に対処することを求める。議会での政治決断が必要であり、ウクライナは速やかに議会手続きに戻らなければならない。政治的指導者は、信頼を再構築し、政治危機に対する効果的な解決を見出す条件を整えるそれぞれの共有責任を今果たさなければならない。

解決策には、包括的な新政府の発足、憲法改革の進展、および透明性のある民主的な大統領選挙の準備が含まれるべきである。同プロセスにおいてEUはウクライナを支援する用意がある」

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://eeas.europa.eu/statements/docs/2014/140218_03_en.pdf