ホームニュース・出版物ニュース2014> 欧州と日本、覚書締結により海洋科学研究協力を強化

欧州と日本、覚書締結により海洋科学研究協力を強化

EU News 64/2014

2014/2/18

独立行政法人海洋研究開発機構 (JAMSTEC)と欧州海洋研究掘削コンソーシアム (ECORD)1 は、昨日(2月17日)、駐日欧州連合(EU)代表部で行われた署名式において、海洋科学分野における両者間のさらなる協力関係発展を可能にする覚書(memorandum of understanding=MoU)を締結しました。

覚書には、JAMSTECの地球深部探査船「ちきゅう」およびECORDのさまざまな科学研究航海に携わる掘削船のそれぞれに乗船する科学者の交換などを通じた、JAMSTECとECORD間の協力関係を強化することが規定されています。「ちきゅう」は深海掘削を通じて地球に関してより深く学ぶため、2013年に始まった多国間科学調査プログラム「国際深海科学掘削計画(IODP)」のカギとなる船舶です。このたびのMoU締結により、ECORDは、IODPの下で行われる科学掘削船「ちきゅう」を用いた「ちきゅうプログラム」のメンバーとなりました。

ECORDは、2002年から2006年を対象とした欧州委員会第6次研究枠組み計画(FP6)が支援するERA (European Research Area=欧州研究領域)-NET イニシアチブのもとで行われたプロジェクトに端を発しています。ERA-NET スキームは、EUにおける国家および地域研究間の連携・協力改善を目的としています。

MoUへの署名は、平朝彦JAMSTEC理事長、東垣JAMSTEC地球深部探査センター長、ジルベール・カモワンECORD Managing Agency (EMA)ディレクターおよびミシェル・ディアマン・フランス国立科学研究センター・国立宇宙科学研究所(CNRS/INSU) 所長(都合により署名式には欠席)により行われました。

問い合わせ先:
小関真理 Tel: 03-5422-6034 Mari.Koseki@eeas.europa.eu
末常美和子 Tel: 03-5422-6035 / Miwako.Suetsune@eeas.europa.eu
デジタルメディア担当 ビセンテ・J・ルナ
Tel: 03-5422-6038 / Vicente.Luna-Ganuza@eeas.europa.eu

1 2014年2月現在、ECORD には欧州17カ国(オーストリア、ベルギー、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、アイスランド、アイルランド、イタリア、オランダ、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、スペイン、スウェーデン、スイス、英国)およびカナダとイスラエルが参加している。
http://cordis.europa.eu/projects/rcn/72888_en.html

Photo Credit JAMSTEC/ECORD URL