ホームニュース・出版物ニュース2014> 南スーダンの停戦合意に関するアシュトン上級代表の声明

南スーダンの停戦合意に関するアシュトン上級代表の声明

EU News 28/2014

2014/01/23
ブリュッセル
20140123/08

<日本語仮抄訳>
キャサリン・アシュトン欧州連合(EU)外務・安全保障政策上級代表兼欧州委員会副委員長は本日、以下の声明を発表した。

「アジスアベバにおいて、南スーダンにおける戦争行為を停止する合意が調印されたばかりであることを、歓迎する。

今後は同合意を現実のものにすることが肝要であり、すべての関係者がただちに誠実に実行に移さなければならない。これは、即時に殺りくを止めることを意味する。婦人の安全を回復し、児童を保護しなければならない。家を追われた人々は帰宅できなければならない。人道支援が、妨害や乱用を受けることなく、それを必要とするすべての人々に届くようにしなければならない。

世界中の南スーダンの友人が、いつでも援助を提供できる体制にある。国連への支援は妨げを受けてはならない。国連は各国が結集する機関であり、国連を脅かすことは、我々を脅かすことになる。

政治的紛争として始まったものを、脅迫も暴力も存在しない政治対話に迅速に戻すことが必要だ。すべての側に対し、解決と和解に資するいかなる人をも排除することなく、そのような協議に取り組むことを求める」

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://eeas.europa.eu/statements/docs/2014/230114_en_08.pdf