ホームニュース・出版物ニュース2014> ウクライナ危機の解決努力に関するアシュトン上級代表の声明

ウクライナ危機の解決努力に関するアシュトン上級代表の声明

EU News 27/2014

2014/01/23
ブリュッセル
140123/03

<日本語仮訳>
キャサリン・アシュトン欧州連合(EU)外務・安全保障政策上級代表兼欧州委員会副委員長は本日、以下の声明を発表した。

「私は引き続き、キエフ情勢を非常に注意深く見守っている。事態が暴力的になってきていることを受け、EUは現在の危機の政治的解決の支援に向けた努力を強化する必要があると確信している。

この点に関して、すべての外交的手段を動員する。私とジョゼ・マヌエル・バローゾ欧州委員会委員長の代理として、シュテファン・フィーレ拡大・欧州近隣政策担当委員が明日キエフを訪れる。欧州議会の一団が週明けに同国を訪問することをうれしく思う。私自身も来週キエフに向かい、ヴィクトル・ヤヌコーヴィチ大統領および野党指導者らと会談する。

状況のさらなる悪化を避け、当局、野党勢力および市民社会の間の真の対話への道を開くことが重要である。包括的な対話のみが実現可能な前進を可能にする。対話と政治的解決への扉は閉ざされてはならない」

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://eeas.europa.eu/statements/docs/2014/140123_03_en.pdf