ホームニュース・出版物ニュース2014> 欧州委員会、欧州産業ルネッサンスに向けた即時行動を求める

欧州委員会、欧州産業ルネッサンスに向けた即時行動を求める

EU News 20/2014

2014/01/22
IP/14/42
ブリュッセル

<日本語仮抄訳>
欧州委員会は、欧州連合(EU)加盟各国に対し、雇用と成長を生み出すための産業の重要性を認識するとともに、産業に関する競争力の問題をあらゆる政策分野の根幹に据えることを、強く要請している。 これは、本日採択された「欧州産業ルネッサンスに向けて」と題するコミュニケーション(政策文書)の主旨である。欧州委員会は、EU理事会と議会に対して、エネルギー、運輸、宇宙、デジタル通信網に関する提案を採択するとともに、域内市場を完成させるための法律を施行することを求めている。さらに、イノベーション、資源効率、新技術、技能、資金へのアクセスなどに投資することにより、産業を近代化することが必要であるとし、この目的に特化したEU資金の活用によりその加速化を図る。同コミュニケーションは、法的枠組みの簡素化、EU、国、地方のレベルで行政の効率化を促すための施策を通して、欧州をより事業に親和的にすることを目指す。国際基準の調和による第三国市場へのアクセスの容易化、オープンな公共調達、特許保護、経済外交なども重要な課題である。

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://europa.eu/rapid/press-release_IP-14-42_en.htm?locale=en

José Manuel Barroso, on the left, and Antonio Tajani Date: 22/01/2014 Reference: P-024821/00-05 Location: Brussels - EC/Berlaymont (C)EU, 2014 URL