ホームニュース・出版物ニュース2014> 南スーダンに関するEU上級代表の声明

南スーダンに関するEU上級代表の声明

EU News 1/2014

2014/01/02
140102/01
ブリュッセル

<日本語仮訳>

キャサリン・アシュトン欧州連合(EU)外務・安全保障政策上級代表兼欧州委員会副委員長は本日、以下の声明を発表した。

「南スーダンにおける紛争の関係者がアディスアベバで合う意思があることを歓迎し、政府間開発機構(IGAD)の後援の下、速やかに交渉に入るよう促したい。さらなる苦難を南スーダンの人々に味わわせないためには、効果的な監視体制の早急な確立を伴う即時の停戦が不可欠である。

また、紛争関係者に対し、それぞれが支配下においている地域のすべての人々が人道支援者や監視員と全面的に接触できるよう呼びかけたい。人権侵害に関するいくつかの気になる報告に留意している。

すべての関係者は、組織的もしくは特定の標的を対象にした人権侵害を犯した者はその行為に対する責任を取らされることを知るべきである。特に、すべての民間人の安全確保は尊重されなければならない」

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://eeas.europa.eu/statements/docs/2013/140102_01_en.pdf