ホームニュース・出版物ニュース2013> EU経済・財務理事会の主な結論

EU経済・財務理事会の主な結論

EU News 511/2013

2013/12/10
欧州連合理事会
17556/13
(OR. en)
PROVISIONAL VERSION
PRESSE 559
PR CO 66

<日本語仮抄訳>
欧州連合(EU)の経済・財務理事会は、現在欧州議会と進められている交渉を受け、銀行の救済・破たん処理の仕組みと預金保護制度に関する見解を更改した。

理事会は、ポーランドが自国の過剰財政赤字を是正するために実施してきた措置が不十分であるとの決定を採択した。同国の赤字是正のための期限を2015年まで1年延長する新たな勧告を行った。

理事会は、スペイン、フランス、マルタ、オランダおよびスロヴェニアに対する過剰財政赤字是正手続きの検証を行い、それぞれの経済パートナーシップ計画に対する見解を採択した。

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://www.consilium.europa.eu/uedocs/cms_Data/docs/pressdata/en/ecofin/140041.pdf