ホームニュース・出版物ニュース2013> ゲオルギエヴァ委員来日

ゲオルギエヴァ委員来日

EU News 462/2013

2013/11/07

このたび、欧州委員会のクリスタリナ・ゲオルギエヴァ委員(国際協力・人道援助・危機対応担当)が、11月19日に開催予定の日・EU定期首脳協議に先立ち、防災、危機管理分野での日・EU協力をさらに進めるため、来日します。滞在中、ゲオルギエヴァ委員は、古屋圭司防災担当大臣と会合する予定です。

今回の来日の機会をとらえ、ゲオルギエヴァ委員は、日本記者クラブで報道関係者向けの会見を行い、EUの災害管理、市民保護および同分野における新規のイニシアチブについて概説します。

EUは大規模な自然災害、産業事故、その他の人為的災害時において加盟国間で負担を分担するユニークなシステムを有しています。本年3月、ゲオルギエヴァ委員と太田昭宏国土交通大臣は、日・EU間の防災管理における協力を一層強化する枠組みの整備に関する書簡の交換を行いました。同書簡は、互いの経験から学ぶことを全体的な目標とし、洪水、干ばつ、津波といった水に関連する天災を含む、広範な防災課題における協力のための基盤を提供します。

滞在中、ゲオルギエヴァ委員は、EUによる危機管理イニシアチブ、新緊急対応調整センター(ERCC)および改正EU市民保護法令について日本側に説明します。また、東京で開催されるセミナー「安心・安全を保証する開発支援の在り方 ― 自然災害に対してレジリエント(強靭)な社会の構築に向けて」において基調講演を行う予定です。

ゲオルギエヴァ委員による記者会見は以下の要領で開催されます。

日時: 2013年11月12日(火)10:30~
場所: 日本記者クラブ
(千代田区内幸町2-2-1、日本プレスセンタービル 9F)
使用言語: 英語・日本語(逐次通訳付き)

本会見は報道関係者を対象としたものです。出席を希望される方は、駐日EU代表部広報部までお申し込みください(日本記者クラブ会員を除く)。

申し込み締め切り: 11月11日(月)17:00

問い合わせ先:
小関真理 Tel: 03-5422-6034 Mari.Koseki@eeas.europa.eu
末常美和子 Tel: 03-5422-6035 / Miwako.Suetsune@eeas.europa.eu
デジタルメディア担当 ビセンテ・J・ルナ
Tel: 03-5422-6038 / Vicente.Luna-Ganuza@eeas.europa.eu