ホームニュース・出版物ニュース2013> 2013年秋季経済予測: 徐々に回復するも外的リスク要因は残る

2013年秋季経済予測: 徐々に回復するも外的リスク要因は残る

EU News 460/2013

2013/11/05
IP/13/1025
ブリュッセル

<日本語仮抄訳>
この数カ月、欧州では景気回復が進行している兆しが見られる。欧州経済は、2013年第1四半期まで縮小が見られたものの、第2四半期に再び成長を始め、実質国内総生産(GDP)は、年内は増え続けることが見込まれる。

欧州連合(EU)では、2013年後半の成長率は2012年の同時期に比べ0.5%増が予想される。年ごとにみると、2013年のGDP成長率は、EUにおいて0.0%、ユーロ圏においては0.4%減が予想される。2014年は、EUの成長率は1.4%、ユーロ圏は1.1%と徐々に上昇すると見られ、2015年にはそれぞれ1.9%および1.7%増となることが予想される。

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://europa.eu/rapid/press-release_IP-13-1025_en.htm?locale=en

Olli Rehn Date: 05/11/2013 Reference: P-024288/00-02 Location: Brussels - EC/Berlaymont (C)EU, 2013 URL