ホームニュース・出版物ニュース2013> EU理事会、EUROSURシステムを創設する規則を採択

EU理事会、EUROSURシステムを創設する規則を採択

EU News 445/2013

2013/10/22
欧州連合理事会
ブリュッセル
15031/13
(OR. en)
PRESSE 426

<日本語仮抄訳>

本日欧州連合(EU)理事会は、欧州国境監視システム(EUROSUR)を創設するための規則(PE-CONS 56/13)を協議を経ずして採択した。

EUROSURの目的は、シェンゲン圏の対外国境管理を強化することにある。 特に、加盟各国の国境監視当局が運用情報を共有し、相互の、また欧州対外国境管理協力(FRONTEX)庁との協力を進める体制を整えることにより、発覚されることなくEUに侵入する不法移民の数を減らし、人身売買や麻薬密輸など越境犯罪の防止による域内治安の向上を図る。

『EU MAG』の関連記事
「EU域内の移動の自由とは?」(2012年4月号 質問コーナー)

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://www.consilium.europa.eu/uedocs/cms_data/docs/pressdata/en/jha/139099.pdf