ホームニュース・出版物ニュース2013> ドゥグヒュト通商担当委員、茂木経産相と会合

ドゥグヒュト通商担当委員、茂木経産相と会合

EU News 413/2013

2013/09/25

本年4月、日本と欧州連合(EU)は包括的な自由貿易協定の締結に向けた交渉を開始した。来る日・EU首脳協議に先立ち、9月24日に欧州委員会のカレル・ドゥグヒュト委員が訪欧中の茂木敏充経済産業大臣と進行中の通商交渉について話し合った。

アジアの国々の中で、日本は中国に次いで2番目に大きなEUの貿易相手国である。日・EU間の自由貿易協定は、EUのGDPを0.6%押し上げるとともに、40万の新規雇用の創出につながる可能性がある。第3回交渉が10月21日から25日までブリュッセルにて行われる予定である。

 

 

Karel De Gucht, Member of the EC in charge of Trade receives Toshimitsu Motegi, Japanese Minister for Economy, Trade and Industry (C)EU, 2013 URL