ホームニュース・出版物ニュース2013> 欧州委員会、中国の太陽光パネルに対する補助金調査を継続

欧州委員会、中国の太陽光パネルに対する補助金調査を継続

EU News 360/2013

2013/08/07
ブリュッセル

<日本語仮抄訳>

欧州委員会は、中国から輸入される太陽光パネル、太陽電池およびウェーハに関する反補助金調査について、暫定的措置を適用しない。この反補助金調査は、欧州連合(EU)の太陽光パネルに関する反ダンピング調査と平行して進められており、EU産業界からの告訴に基づき2012年11月8日に開始された。欧州委員会は9カ月以内に補助金に対する制裁課税を課することができる。しかし、この件については、調査は暫定的措置を取らない形で継続し、欧州委員会は年末までに最終的結論に達するべく積極的に取り組むこととなる。

予備的段階において、同製品について暫定的反ダンピング措置および最低価格設定によりEU域内産業に対する損害は既に除去されたため、今回の決定は不公正貿易慣行からEU企業を保護することに影響を与えるものではない。しかし、いずれにせよ、補助金に対して暫定的措置をとらないというこの決定は、この件についての最終判断に偏見を与えない。

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://europa.eu/rapid/press-release_IP-13-769_en.htm?locale=en

File Image: Symbolic; Solar energy Date: 27/11/2006 Reference: P-012491/00-01 (C)EU, 2006 URL