ホームニュース・出版物ニュース2013> EUの安定化基金: 2012年における国際紛争や危機へのEU対応に寄与

EUの安定化基金: 2012年における国際紛争や危機へのEU対応に寄与

EU News 353/2013

2013/07/29
ブリュッセル
IP/13/751

欧州委員会は、欧州連合(EU)による対外支援制度の柱のひとつである安定化基金(Instrument for Stability=IfS)に基づき2012年に実施された活動に関する報告書を採択した。この(第6次)年次報告書は、EUの貢献が広範に及ぶ中、同年に安定化基金より2億8,600万ユーロが拠出され、世界各地での紛争の回避や危機および安全保障その他の脅威への対応において、EUの活動を支えたことを示している。

世界各地で紛争と危機への対応を実施

EUは50を超える国々において新旧の活動を進めており、世界中で発生する数多くの出来事に迅速に対応するためにIfSを活用している。シリア危機への対応として、シリアとその周辺諸国において影響を受けている人々を助けるために大規模な地域支援計画を導入した。アジアにおいては、ビルマ/ミャンマーの平和センターを設置するための支援を提供し、同国において進行している和平プロセスの拠点を提供した。北アフリカでは、リビア、ニジェール、マリおよびその他の国々にIfSによる支援を進め、サハラおよびサヘル地域が直面している安全保障やその他の課題を解決するための貢献を行っている。

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://europa.eu/rapid/press-release_IP-13-751_en.htm?locale=en