ホームニュース・出版物ニュース2013> 経済・財務理事会の主な結論

経済・財務理事会の主な結論

EU News 299/2013

2013/06/21
欧州連合理事会
11260/13
PRESSE 274
PR CO 34
ルクセンブルク

<日本語仮抄訳>

欧州連合(EU)理事会は、EU加盟国に対し、その経済・財政政策について各国ごとの勧告を承認した。これらの勧告は、本年の欧州半期(ヨーロピアン・セメスター)行程に基づき、欧州理事会に提示され、7月に正式に採択される予定である。

理事会はまた、イタリア、ラトビア、リトアニア、ハンガリーおよびルーマニアに対し過剰財政赤字是正手続きを完了し、ベルギーに対してはその赤字を是正するための措置について通知し、スペイン、フランス、オランダ、ポーランド、ポルトガルおよびスロヴェニアに対しては赤字是正のための期日を延期し、マルタに対して過剰財政赤字是正手続きを再開した。

アイルランドとポルトガルに対しては借り入れ償還期限の延長を了承し、付加価値税(VAT)詐欺に対応するための措置に合意した。

理事会はまた、ラトビアが2014年1月1日よりユーロを自国の通貨として採用するとの提案を了承した。同提案は欧州理事会に提示され、7月に最終決定がなされる。

 

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://www.consilium.europa.eu/uedocs/cms_data/docs/pressdata/en/ecofin/137573.pdf

ECOFIN Council, Photo Credit "The Council of the European Union" (C) EU, 2013 URL